2012年12月4日火曜日

Windows 7 Professional OEM 版のダウングレード権期限の定義について

Windows 7 Professional のDSP版を含むOEM版ライセンスには「OSのダウングレード権」というものが付帯しています。 今回、このダウングレード権について、新しい発見があったので、自分の知識整理を兼ねて紹介したいと思います。

「Windows 7 Professional のダウングレード権」を簡単に説明すれば、「必要なメディアを用意することにより、Windows 7 Professional OEM版はWindows Vista Business エディション、もしくは Windows XP Professional エディションにOSを置き換えて使用することが認められる」というものです。

詳細な情報は以下のアドレスから。

Microsoft Windows 7 : Windows 7 のダウングレード権 (旧バージョンソフトウェアの使用) について
http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-7/downgrade/default.aspx

Windows7の場合はVistaと違い、ダウングレード権の期日の設定があり制約事項に「Windows XP Professionalへのダウングレード権が許諾される期間は、OEM版 Windows7の提供が終了するまで、に変更されました。(意訳)」とあるのですが、ちょっとこの文章に違和感がありました。